聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

Posts Tagged "Twitter"

メルマガとSNSを使い分けるべき、それぞれの特徴とその理由

3521842025_8d5aa13265_z
多くの企業と話をしていて、タイトルのようなお話をいただくことが多くなりました。Twitterの公式アカウント、Facebookページに代表されるソーシャルメディアの発展に伴い、企業が消費者にメッセージを送る手段が多様化したことが原因です。

既存顧客のシェアの力で新たな見込み客をつれてくる「ソーシャルキャンペーン」の可能性

既存顧客のシェアの力
ソーシャルメディアによるシェアの力を、FacebookやTwitterの外で感じる機会が増えています。生活者はFacebookやTwitterの外にいても、いいね!やツイートなどシェアする機能を使いこなし、価値ある情報をより多くの生活者に伝えるアクションを推進します。わかりやすい例でシェアの力を測るには、企業のオウンドメディアの会員に対するソーシャルメディアと連携したキャンペーンがあります。

ソーシャルログインとサンプリングでコミュニティの会話の質を高める

ソーシャルログインとサンプリングでコミュニティの会話の質を高める
生活者へのソーシャルメディアの浸透と、企業のソーシャルメディア活用は昨年一年で大きな進歩をみせました。今後も企業のソーシャルメディアの活用は進むでしょう。一方で生活者の数は有限です。限りある生活者とのコミュニケーションをより活性化させるために、ソーシャルメディアのコミュニティ内での会話の質の向上が必要です。

Twitterの認知率・利用率の経年比較調査~認知率・利用率、共に大幅増加

BMC Novemember 045 http://www.flickr.com/photos/jamestruepenny/8229584336/
既に身近なWEBツールとして定着した感のあるTwitterですが、「身近なWEBツール」という肌感覚はどれほど世の中の実態に即しているものなのでしょうか。経年比較および、複数のクロス集計から、Twitterユーザーの概観を把握する調査です。ブランドのPRなどにTwitterを利用している企業・団体のご担当者様には、ご自身が想定するターゲットに訴求するツールとしてTwitterが適しているのかどうかを判断する際の一助としていただければと思います。

広告市場とリサーチ市場と居酒屋での会話から考える生活者と企業の関係

広告市場とリサーチ市場と居酒屋での会話から考える生活者と企業の関係
象徴的な数字として、企業が生活者に話すために使う予算を広告市場。企業が生活者の声を聞くために使う予算をリサーチ市場して比較してみて、生活者と企業の関係を考えてみます。
  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。