聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

Posts Tagged "O2O"

流通側が考える誘客施策は顧客を囲い込むO2Oとなりつつある

名称未設定 1
スーパーやドラッグストアなど流通側が店舗まわりに住む顧客を誘客するために、一昔前はチラシやDMで商品の「告知」をするなどしておりましたが、より再訪店してもらえるようにと各チェーンがこぞって始めたのが、ポイントカードでした。

来店促進のためのO2Oサービスまとめ

7701983562_55827377a8_b
近年では、流通向けのO2Oサービスが増えてきています。来店促進を目的とするものが多く、お店にチェックインするだけでポイントがもらえるなどします。最近ですと、「Pontaタイム(ポンタイム)」や「楽天チェック」が話題になりました。今回は、そういった来店促進のできるサービスを紹介します。

増税後の店頭支援策はどうなっていくのか

名称未設定 1
消費税の増税が2014年4月と迫ってきました。5%→8%ですが、高価な買い物ですと、3%アップは大きく圧し掛かります。この増税前の3月までに買いだめする人も増えてくるでしょう。ニュースでも取り上げられていましたが、不動産などはいい例です。

フリーwi-fiスポットから考えるO2Oサービスの事例

4842715000_903e4a9e28_z
スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、「いつでも」「どこでも」手軽にネットにアクセス出来る時代になりました。私たちはそんな便利な通信環境で生活しているように見えますが、海外から日本に来訪する外国人からするとどうなのでしょうか。

ビッグデータを活用したO2Oサービスが今後のO2Oを変えていく

JQ031_350A
昨年までによく聞くようになったキーワードに「ビッグデータ」と「O2O」があります。今現在「ビッグデータ」を活用したマーケティングは様々あります。例えば「ID-POS」です。POSは「商品が」「何と一緒に」「いつ」「何個」「いくらで」売れたのか分かりますが、「ID-POS」はユーザーIDが紐づくので、POSの項目に加えて「誰が」「どの購入の前(後)に」「どのくらいの頻度で」売れたのかが分かります。

「顧客」を中心に連携していくオムニチャネルをより上手く活用していく

PHM12_0651
最近よく耳にする「オムニチャネル」という言葉をご存知でしょうか。色々なチャネルを連携させて顧客にアプローチする手法の一つです。一昔前は、チャネルといっても店頭で購入することしかできずいわゆる「シングルチャネル」でしたが、TVやインターネットの普及に伴い、通販やECサイトなど店頭以外で購入できるチャネルが増えてくることでマルチチャネルとなってきました。

最新のO2O事例からみる、オンラインと店舗のあり方

9260690915_ae442fd64c_z
O2Oという言葉が注目されはじめたのは2010年からです。2010年半ばから各社がAndroid端末を発売し、2011年に利用者が拡大、さらにNFC(Near Field Communication)搭載の端末も増えてきました。テクノロジーの進化と普及により、企業がO2Oを実施する敷居も徐々に下がってきているように思います。このような背景を受け、今後も注目されるであろうO2Oの事例を紹介していきます。

商品のライフサイクルに合わせた店頭施策をしなければ効果は半減する

PHM12_0594
店頭プロモーションというと、店頭POPや店頭キャンペーンを思い浮かべがちですが、店頭プロモーションを広義に取れば、以前から紹介しているO2Oサービスを中心とした「バイストアプロモーション」やラウンダー、マネキン販売などがあげられます。

「集客」のための「送客」「誘客」で店舗を活性化する!

FX134のコピー
「集客」には様々な方法があります。通常では、商圏内にビラやチラシをまいたり、広告を打つなどして店舗を認知してもらうことが重要です。お店の前を通る生活者に入りやすい、入りたいと思わせることも重要です。ここでは、それらプロモーションを「誘客(pull)」と呼びます。

O2Oはオンラインからオフラインだけではない

売場02
今回はO2Oの持つ可能性についてご紹介したいと思います。O2Oの意味は「Online to Offline」つまりはネットからリアル(店舗)へですが、これはネット広告のデメリットをカバーした新たな手法といえます。
  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。