聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

Posts Tagged "ソーシャル・コミュニケーション"

キャンペーンを“ソーシャル化”することで本当に応募者は増えるのか?

キャンペーンを“ソーシャル化”することで本当に応募者は増えるのか?
キャンペーンサイトに「ソーシャルログイン機能」と「キャンペーンシェア機能」を実装することで本当に応募数が増えるのかを、これまで当社が支援したソーシャルキャンペーン5件の平均値からお伝えします。

そろそろFacebookページを次のステージに。共創段階へシフトするためのリサーチ。

そろそろFacebookページを次のステージに。共創段階へシフトするためのリサーチ。
これまでFacebook広告やキャンペーンに費用をかけ、多くのファンを獲得しながらコミュニケーションをとってきた運用ご担当者さまも多いと思います

減少傾向にあるオーガニックリーチを今後どのような指標として運営していくべきか再考する。

オーガニックリーチを今後どのような指標として運営していくべきか
Facebook、「sympathize」(同情する)ボタンの導入を検討しているようです。12月にはFacebookニュースフィードアルゴリズムの変更がありましたが、「適切なタイミングで、適切な人に、適切なコンテンツを届けること」というニュースフィードの目的を強めています。

【Facebookページ運用のポイント】アクションされやすい投稿はファンの声紹介。

【Facebookページ運用のポイント】アクションされやすい投稿はクエスチョン系とファンの声紹介。
先日2日にもニュース記事URLが含まれる投稿に関して、ニュースフィードへのエッジランクを高めていくという発表がありました。Facebook側はユーザーに届ける情報の最適化を進めています。それでは、ユーザー、ファンが反応してくれる投稿とはどのような投稿なのでしょうか。今回は弊社が運営の支援をさせていただいているページのうち、飲食品のブランドをもっている4つのFacebookページから数値をまとめました。

横長広告画像登録で効果的にファンを獲得!Facebook広告効果検証&効果が期待できる広告メニュー。

横長広告画像登録で効果的にファンを獲得!
Facebookページに「競合ページ」という新機能が追加になりました。インサイト画面リニューアル、Facebook広告設定画面のリニューアルに続き、企業向け機能の開発が進んでいます。前回の記事では、Facebook広告設定画面の変更により、詳細なターゲティングが可能になったことを紹介しました。今回は新広告による効果がどのように出たのか、また他広告メニューについての紹介と今後実装される予定のメニューについて紹介します。

Facebookページのリーチ数をあげるために効果的な施策とは。

catch_reach
近頃、Facebookページ運営ご担当者から「最近投稿のリーチが下がった!」という話をよく耳にします。2012年~2013年8月にかけて、エッジランクアルゴリズムが度々変更、要素追加されていることにより、平均40%以上のリーチ数減少という事象が起きているといわれていますが、エンゲージメント率を見るとそれほど変化はないという調査結果あります。

より多くのファンとつながり、コミュニケーションをとるためのFacebook広告新メニューメモ

より多くのファンとつながり、コミュニケーションをとるためにFacebook広告新メニューを把握する
次々と新機能が加わっていくFacebook。Facebookの収益源でもあるFacebook広告も新しいものが加わってきています。より多くのファンとつながり、より多くのコミュニケーションをとっていくためには把握しておきたいところです。

Facebook新機能「コメントスレッド」を利用してファンとの距離、ファン同士の距離を縮める

Facebook新機能「コメントスレッド」を利用してファンとの距離、ファン同士の距離を縮める
米国時間で3月25日に、ブランドや企業のFacebookページ、およびフォロワーが1万人以上いる個人ユーザーの公開プロフィールに「コメントスレッド」という新たな機能が追加されました。今回は企業として、この新機能をどううまく使っていくかについて考えます。

スタッフの意識改革とコンテンツのルール設定を経て、半年で人気ページへ!|「更新もコミュニケーションも量より質」|ツヴィリングJ.A. ヘンケルスジャパン株式会社

ツヴィリング様FBTOP画像
Facebookケーススタディ第4回は、主に「ツヴィリング」と「ストウブ」をはじめ、複数のFacebook(以下FB)ページをもつツヴィリングJ.A. ヘンケルスジャパン株式会社さんです。ツヴィリングさんのソーシャルメディアに対する姿勢とは?そして、複数のFBページを運営していて見えてきたものとは?憧れのキッチンツール2ブランドのFBを自ら運営指揮をする、代表取締役専務アンドリューさんとWeb・ソーシャルメディア全般を担当する田辺さんにお話を伺ってきました。

「10人に1人でも熱烈に欲してくださる方がいるなら」企業ポリシーに基づいて、キングファイル君がゆる~くコミュニケーション中♪|株式会社キングジム

キングジム様FBページTOP
「ファイル」と「テプラ」といえば、株式会社キングジムさん。2011年5月からFacebookページをスタートさせ、もうすぐ丸2年を迎えます。オフィスでお馴染みのキングファイルのキャラクター「キングファイル君」が発信するゆるめの投稿が人気を呼び、現在12,000以上の「いいね!」数は右肩上がりで増加中。Facebookケーススタディ、第2回はそんなキングジムさんに運営の秘訣をお伺いすべく、広報の藤本さんと、更新担当のキングファイル君に直撃しました。
  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。