聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

Posts Tagged "スマートフォン"

LINEの躍進にて変わるモバイル事情|新リリースの内容を考察します

aaaaa
若年層を中心に同様サービスの中で頭一つ抜け出した利用者数を誇る「LINE」が発表したリリースを改めてまとめます。

Tizenの登場によるスマホ市場の今後を考察する

アイキャッチ
現在「スマートフォンのOSは?」と聞けば、多くの方がAndroid、もしくはiOS(iPhone)と答えるでしょう。この2014年に、この2強に協力なライバルが現れます。【Tizen(タイゼン)】と呼ばれる新しいOSです。

スマートフォンプロモーションは隙間時間ではなく、利用目的に応じた接触機会で勝負する。

8302357227_a78748f10e_z
スマートフォンは隙間時間に利用されるメディアといわれています。企業はこぞってこの隙間時間の奪い合いをしているのですが、隙間時間とはいったいどのような状況で、どのような用途をさしているのでしょうか?

国内スマートフォン事情に訪れる変化を予測してみる

7852942192_59b11b5407_z
本日は今後の日本国内のスマートフォン事情を推測します。日本のスマートフォン市場というのは、世界平均と比較するとある特徴があります。それは、Androidと比較し、iPhone率が非常に高い点です。iPhoneは海外では高級品のため、安価な端末も揃っているAndroidがよく売れるといわれています。先日さらにこの現象に拍車をかける事象がありました。

自社サイトをスマートフォンやタブレットに対応させる場合に、最適な手法を選択する

8618170883_0e183eaeb6_z
全国の20代~60代の男女534名に携帯電話についてWeb上にてアンケートをとった結果をもとに、半年間でのスマートフォンの普及状況を見てみます。

ネイティブアプリとWebアプリの長所と短所、ハイブリッド化を考察する

top
スマートフォンアプリ(タブレット含む)を作成する際に、ネイティブアプリにするかWebアプリにするかという議題があります。どちらも一長一短なのですが、主流は現在どのようになっているかを解説します。

AppStore、GooglePlayのランキングアルゴリズムを理解する

1
前回の投稿で、多くのスマートフォンユーザーがアプリをダウンロードする際に、新着アプリやマーケット内のランキングを参考にしていることが分かりました。さて、それではAppStoreやGooglePlayのランキングはどのように判定されているのでしょうか。

インストールしているアプリの数と認知経路~マーケット内でのランキングや新着に負けず劣らず「友人・知人のクチコミ」がカギ

8360860973_3362a4452b_z
フィーチャーフォンからスマートフォンに切り替える理由の一つとして豊富で魅力的なアプリのラインナップがあります。では、生活者はどのようにアプリを知り、実際にダウンロードしているのでしょうか。スマートフォンユーザーが実際にスマートフォンにどの程度アプリをインストールしているかを見てみます。

スマートフォンの普及に伴い、生活者とのコミュニケーションツールは変化する。

no_photo
近年、スマートフォンの普及に伴い、ネット上のつながりをきっかけに顧客を実際の店舗に誘導する「オンライン・トゥー・オフライン(OtoO)」の取り組みが広がっています。スマートフォンはフィーチャーフォンと比較し、外出時でもリッチな情報収集が可能なため、企業にとっては「タイムロス無し」でのアプローチが可能になってきています。公表元により多少の数値の前後はありますが、現在スマートフォンユーザーは全携帯ユーザーの約3割となっています。

2013年Webの今を見誤らない為の重大な3つの変化

8357029811_096c26a107_z
2012年はWeb業界にとって変化の年であったと言えます。2013年の開始に伴い、この1年で起きた重要な変化をまとめました。
  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。