聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

生活者プロモーション

ソーシャルログインとサンプリングでコミュニティの会話の質を高める

ソーシャルログインとサンプリングでコミュニティの会話の質を高める
生活者へのソーシャルメディアの浸透と、企業のソーシャルメディア活用は昨年一年で大きな進歩をみせました。今後も企業のソーシャルメディアの活用は進むでしょう。一方で生活者の数は有限です。限りある生活者とのコミュニケーションをより活性化させるために、ソーシャルメディアのコミュニティ内での会話の質の向上が必要です。

ファンが自発的に声を上げてくれる、理想のFacebookページのあり方を考える。

ファンが自発的に声を上げてくれる、理想のFacebookページのあり方を考える。
2012年、Facebookページ運営担当者のみなさんにとって衝撃的だったことの1つに、投稿のリーチ数現象があるかと思います。これにより、投稿コンテンツの見直しなど、対策を考えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。いいね!の数や、エンゲージメント率ももちろん大事な指標ですが、今回はFacebookページ上で行う理想のコミュニケーションについて、改めて考えてみました。

企業のソーシャルメディア利用が増える理由。TRモデルで生活者とのコミュニケーションを考える。

トライアルリピート分析モデル
ソーシャルメディアの利用の目的は、生活者との継続的なコミュニケーションにより、関係性を深め、商品やサービスの理解を深め永く愛してもらうこと。にあります。深い理解の促進は情報過多の社会の中で、一朝一夕には実現が難しく、継続的なコミュニケーションが必要です。当社ではこのような企業と生活者とのコミュニケーションの目的を設計する際に、TR(トライアル・リピート)分析モデルを活用します。このモデルで分析すると、今、企業のソーシャルメディアの利用が増えている理由が見えてきます。

Facebookページ運用の醍醐味!?コメント対応によってファンとのつながりをより深くする方法を考える。

graphics at DryIcons Graphics.
Facebookページを運営で嬉しいことの1つにいいね!やコメントを貰えることがあります。「ネガティブなコメントがついたらどうしよう」「たくさんコメントがつくと対応が・・・」と考えてしまうかもしれませんが、コメント対応こそ、そのFacebookページの色をだし、またファンとのつながりをより深いものにするチャンスです。改めて、Facebookというオープンな場で行う生活者とのコミュニケーション方法について事例とともに考えました。

阿川佐和子著「聞く力―心をひらく35のヒント」にソーシャルの聞く技術を学ぶ

聞く力―心をひらく35のヒントにソーシャルの聞く技術を学ぶ
年の瀬も押し迫ってきました。先日ニュースになりましたが、今年一番売れた本は阿川佐和子さんの「聞く力―心をひらく35のヒント」でした。100万部を突破しました。企業はこの1年で生活者の声の傾聴アクションが重視されるようになりましたが、一般生活者からも聞くという行動への注目が集まっていることがわかります。

Facebookで消費者と会話をする際に必要なのは1対多の視点ではなく1対1のコミュニケーション視点

Facebookで消費者と会話をする際に必要なのは1対多の視点ではなく
日本でのFacebookページ数も10万件を超え、多くの企業がFacebook上で消費者に向けて情報発信をしています。もちろん企業、Facebookページによって発信の内容は様々です。今回は、Facebookが公開しているデータと、先日開催されたad:tech tokyo 2012のキーノートセッションで、Facebookグローバル・クリエイティブ・ソリューション・ディレクターであるマーク・ダーシー氏が企業が情報発信する際に気をつけるべきと挙げていたポイントを踏まえ、改めてどのような視点で投稿コンテンツを作成し、消費者に発信すべきなのかを考えます。

コンテスト市場から学ぶ「聞く技術」。評価されることが多くの生活者の声を集める増幅装置になる。

コンテスト市場から学ぶ「聞く技術」
ソーシャルなサービスの普及と、生活者が自由に情報発信できる環境が整い、ユーザ参加型のコンテストコンテンツが活況です。コンテストは生活者の参加を促し、他社から認められたいという社会的欲求を満たし、かつ生活者が作ったコンテンツのクチコミでの大量伝播が期待できます。生活者の声を大量に集め&広める強力なマーケティングコミュニケーションであるコンテストの市場から「聞く技術」を学びます。

オウンドメディアは企業が製作する生活者視点のキュレーションプラットフォーム

オウンドメディアは企業が製作する生活者視点のキュレーションプラットフォーム
新規施策として始めたソーシャルメディアは動きがあるけれども、旧来より製作しているオウンドメディア(自社メディア)は、数年前の状況のままという企業様も多いのではないでしょうか。今回は、少し視点を変えることで、オウンドメディアの新たな可能性が見えてくる手法をお伝えします。

今後Facebookはどうなっていくの?テスト中と噂のFacebook新機能まとめ

4646164016_a1904ecec0_o
気づいたら新しい機能がついていた、なんてことも少なくないFacebook。実装されるのかは未定ですが、新機能のテストをしているという情報をまとめました。

企業に必要な共感力とは?共感されるより、共感する企業になろう。

共感されるより共感できる
共感力。ソーシャル時代の企業活動のキーワードです。高機能で低価格なだけでは勝者になれず、好き嫌いや共感というエモーショナルな側面が成功のための大きなファクターとなる、マーケティングに携わる人たちには、とてもエキサイティングな環境です。企業の基礎体力として大切な共感力ですが、各社どのように共感力を鍛え、評価しているのでしょうか?
  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。