聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/
新サイト当ページ記事⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/?p=11092

ブログ

マスコミの話題に便乗した商品でコミュニケーションのきっかけを作る インフォグラフィックによるクチコミ要素図の分析(第8回)

infographics_image9
生活者のクチコミを獲得したいと思うなら、あなたもマスコミで取り上げられている話題に便乗する物語を用意すればいいでしょう。きわめて多くの生活者がテレビや新聞を見て情報を取得し、それを話題にすることがあるため、マスコミの情報に便乗した出来事は、さらに生活者の間で話題になるというわけです。

ヒット商品の心をコピーする「解体親書」実践編~DOさん全体研修でのアイデア発想ワークをレポートします

解体親書実践編
ドゥ・ハウスのフィールド・マーケター「DOさん」の全体研修を11月13日、15日の2日間に渡り開催しました。2日間合わせて総勢100名のDOさんたちが集まり、今年は「解体親書」のワークを実践しました。「解体親書」は先行するヒット商品のヒットの理由を解体し、得られた知見を別の市場に横展開してアイデアを発想する手法です。100名、1000を超えるデータを元にしたアイデア発想は最大規模の実施事例です。今回のワークの内容をお伝えしながら「解体親書」のプログラムについて紹介します。

コミュニティ運営で大切な姿勢は「耳を王様にして、十四の心を一つにして」聴くこと

共創コミュニティに大切な姿勢
生活者との共創コミュニティの価値は、企業や商品を愛する生活者からそれにまつわる事実を豊富に集められること。そして、その事実を次の商品・販促アイデアにつなげたり、クチコミ情報としてコンテンツに活かすことができることにあります。そのような事実をしっかりつかむために、3つのキクを理解して、コミュニティでは特に「聴く」に注力することが重要です。

生活者とのコミュニティを成功に導くために「8つの軸」を道しるべにする

コミュニティを成功に導くため
ソーシャルメディアの普及により、企業と企業の商品を愛する生活者とのつながりが可視化されました。企業はそうした生活者とより深い関係構築を望み、生活者は自分が愛するブランド・企業との直接対話に喜びを感じます。こうした関係構築や直接対話のアウトプットとして「共創コミュニティ」へのチャレンジがはじまっています。

商品のユーザーを有名人にしてクチコミを喚起する インフォグラフィックによるクチコミ要素図の分析(第7回)

infographics_image8b
有名人がある商品を、自分の意志で使用することを決めたとなれば、その正直さと信用は生活者にとって重要な意味を持ってきます。商品をいったん熱心に使い始めたら、有名人がそれを自ら選択したというだけで、テレビCMのような“広告”ではなく、生活者に“クチコミ”をしているも同然なのです。高額な契約金を払って宣伝してもらうよりも、自ら宣伝する・・・この行動が生活者の信用を生み出し、そしてクチコミを生みます。

参加者のクチコミで効果的なキャンペーンが展開できる「ソーシャル・キャンペーン」の3つの効果

ソーシャルキャンペーンの紹介
生活者のクチコミは、アドホックなキャンペーンでも効果があります。当社が運営するソーシャル・キャンペーンは、ソーシャルログインの機能と生活者のシェアの力を活かして、キャンペーンの費用対効果を最大化します。ソーシャル・キャンペーンがマーケティング施策にもたらす3つの効果を説明します。

戦略的に“物議”をかもして生活者のクチコミを獲得する インフォグラフィックによるクチコミ要素図の分析(第6回)

infographics_image7a
物議をかもせば、即座に生活者の話題に取り上げられます。例えば「まんだらけ」と、それと同じ品揃えの競合店舗―――。この2つの店舗の違いを見てみましょう。どちらも最高の品揃えであることは間違いありませんが、前者はマスコミと生活者の注目を集めました。競合が手にいれられなかったクチコミを獲得したのです。

逆境を逆手にとってクチコミを引き起こす インフォグラフィックによるクチコミ要素図の分析(第5回)

infographics_image6
ライバルは恐ろしく高いマーケットシェアを誇る、業界は低迷している、自身の行動をよしとしない人がいる。こんなピンチのときにクチコミを起こす暇なんてない?いいえ、むしろそれらはクチコミを引き起こすチャンスだと考えられます。資金力も攻撃力も上をいく強者に勝ったとき、あるいは弱者が大きく成長したとき、その物語は生活者の間で語り継がれることでしょう。

商品のユーザーを限定して生活者の好奇心を喚起する インフォグラフィックによるクチコミ要素図の分析(第4回)

infographics_image5
「ねえねえ、絶対に秘密なんだけど実は・・・」 あなたは何度、この言葉を言われたことがあるでしょうか。クチコミの送り手が秘密の一部を打ち明けたとき、受け手はさらに情報を欲しがり、そこから生活者同士の会話が始まります。

“笑い”の要素を加えてクチコミ発信時のハードルを低くする インフォグラフィックによるクチコミ要素図の分析(第3回)

infographics_image4
人々を心から笑わせることは決して簡単なことではありません。しかし、それが成功したとき、あなたの商品にすばらしい結果が得られることもあります。有名な商品名をもじった商品、非公認のゆるキャラ、フラッシュモブ・・・。マーケティングに“笑い”を取り入れ、話題になった商品は世の中に様々です。今回は“生活者の笑いを引き起こす商品・サービスのクチコミ”の特徴を理解し、“笑い”を用いたクチコミプロモーションの施策考案についてインフォグラフィックを使って考察します。
  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。