聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/
新サイト当ページ記事⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/?p=8721

2012年~13年上期のヒット商品。クチコミがヒットに貢献した商品は?

クチコミとヒット商品

Original Update by Justin Jensen

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアで日々目にするニュースやクチコミ。新しい商品やサービスをこうしたソーシャルメディアではじめて知ることが増えてきました。ソーシャルメディアのマーケティング活用においても「クチコミを狙って。。」といった目的のためのアクションが見られたりします。

生活者のソーシャルメディアの活用がますます進む中、実際にクチコミがヒットに貢献した商品やサービスはあるのでしょうか?2012年~2013年の間にヒット商品と言われている商品やサービスをテーマに調べました。

  • myアンケート(ドゥ・ハウス)調べ
  • 対象者属性:全国/20~69歳/男女
  • サンプル数:586サンプル
  • 調査期間:2013年08月09日(金) ~ 2013年08月16日(金)

■ヒット商品の認知率

※クリックすると大きな画像が見られます

 

最初にヒット商品の認知率です。「ゆるキャラ」「今でしょ?の林修先生」「半沢直樹」と続くなか、「マルちゃん正麺」が認知率73.4%で第4位と商品として一番高い認知率を獲得しました。インターネット・サービスでは第5位に「LINE」が認知率72.4%に入っています。

 

■ヒット商品の認知経路

クチコミとヒット商品_認知経路

※クリックすると大きな画像が見られます

 

続いて、認知者を母数にしてヒット商品の認知経路を確認します。クチコミに関わる選択肢は「赤色」の棒グラフにしました。ヒット商品と言われる商品やサービスになると、テレビ番組テレビCMで認知する人がまだまだ多いです。

その中において、クチコミが認知のきっかけとなっている商品・サービスとして「LINE」が目立ちます。クチコミが認知のきっかけとなっている「LINE」ですが、意外なのがクチコミの中でも

  • 知人・友人のクチコミ(直接聞いた場合):26.4%
  • 知人・友人のクチコミ(ブログやSNSで見た場合):2.1%
  • 知人・友人のクチコミ(メールで聞いた場合):1.4%
  • 知人・友人以外のクチコミ(ブログやSNSで見た場合):1.9%

上記のように「直接聞く」クチコミが最も高くなっています。ブログやソーシャルメディアを抑えて、リアルな場所でのクチコミの力強さを感じることができます。

同じアンケートで「ご自身の中での、最近一年以内のヒット商品をクチコミ」してもらっていますが、その中でも「LINE」に関するクチコミが多数ありました。

LINEはスマホを持っている人ならほとんどダウンロードしているのではないかという人気アプリ。メールをやるより数倍楽だし。スタンプ機能があり、かわいいスタンプで表現できるところも魅力!

LINEを使うとメールより簡単に連絡が取り合えるから使って欲しい。

LINE使っている?


最後のひとつがとても印象的で「LINE」がクチコミで認知された結果をよく物語っています。ユーザは「LINE使っている?」の一言だけで、友人や知人に「LINE」をクチコミします。機能やデザインなど、細かいベネフィットはその次。実際に友人・知人にアプリをダウンロードしてもらい、使い始めてから説明や解説をします。そんな様子が想像できる調査結果と回答でした。

クチコミの原理として「商品に対する深い理解に基づいたコミュニケーションである」がありますが、「LINE」はスマートフォンアプリというサービス形態と、直感的なインターフェイスによって、商品理解をクチコミによる認知と同タイミングで行えることが、他の商品やサービスと比較してクチコミでの認知を増やすことができたのではと推測できます。

今後もヒット商品におけるクチコミのメカニズムを検証していきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

舟久保 竜|株式会社ドゥ・ハウス 営業技術グループグループマネジャ

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。