聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

雑穀米の喫食実態把握調査~喫食者全員が雑穀米好きとは限らない!

今回は雑穀米をテーマとして、喫食の実態迫ります。いつ、誰が食べているのか?そしてどのような印象を持っているのか?性年代別の違いにもご注目いただければと思います。

■調査目的

  • 雑穀米の喫食頻度・喫食シーンなど、喫食実態について幅広く把握する
  • 特に年代別の喫食実態差異に注目する

 

■調査結果総括【1.喫食場所、頻度、シーン】

  • 間口(喫食率)と奥行(週4~5回以上喫食率)より雑穀米市場のボリュームをみると、最大の喫食場所は「自宅」。一方、「飲食店」は、食べている人は「自宅」と同程度に多いが、高頻度で食べている人が少ないため、結果的に市場ボリュームはあまり大きくないといえる
  • 場所別に喫食シーンをみると、「自宅」は平日、休日共に夕食の割合が高い。一方、「飲食店」では昼食、「会社・学校」では平日の昼食に食べる人が多い
  • したがって、雑穀米は「自宅」で「夕食」時に食べられる割合が最も高いといえる

 

■調査結果総括【2.自宅で喫食するタイプ/喫食者】

  • 自宅で喫食するタイプとしては、「白米に雑穀米を混ぜて炊いた雑穀ごはん」の割合が最も高い。但し、20代と40代では「出来合いのレトルトパウチの雑穀ごはん」を食べている人も一定数いる
  • 自宅での自分以外の喫食者としては、「配偶者・恋人」の割合が高い。但し、好きで食べている人をみると「自分のみ」の割合が高くなり、喫食者全員が好んで食べているわけではない様子がうかがえる

 

■調査結果総括【3.印象】

  • 雑穀米に対する印象をみると、「栄養価が高い」「栄養バランスを整えてくれる」など栄養に関する割合が高い。次いで、「食感が楽しめる」。その他の項目と比べると上記3項目の割合が比較的高くなっており、「栄養」と「食感」が雑穀に対する二大印象となっている様子がうかがえる

 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします

カタログのダウンロードができます
お問い合わせはこちらです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

聞く技術研究所|株式会社ドゥ・ハウス

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。