聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

性格診断キャンペーン「にゃん格診断」が大大大ヒット!|低予算で4万人のファンを獲得できた秘密とは!?|スマホガール/株式会社mediba



Facebookをはじめ、Web上で行うキャンペーンって難しいですよね。プレゼントを豪華にしてもプレゼント目的の方々はキャンペーンが終わったら離脱してしまうし、かといって魅力のないプレゼントだと応募もないし、そもそも自社のサービスとファンの属性を考慮した面白い企画を考えないといけないし…。

FB運営、Webサイト運営の担当者様なら一度ならずも頭を悩ますのがキャンペーン企画ですが、今回はそのキャンペーン企画で大成功した「スマホガール」FBページ担当者様に取材させていただきました!

女性に向けたスマートフォン情報サイト「スマホガール」の大ヒットキャンペーンとは!?興味深々で伺ってきました!

立ち上げから運営までを手がける山田さん。

「にゃん格診断」が大大大ヒット!
「猫」×「性格診断」×「仕掛け作り」で、低予算でも多くのファンを獲得

 

さっそくですが、FBを始められた背景を教えてください。

medibaが運営するサイト「スマホガール」が、FBページをスタートしたのは2011年6月ですが、IT企業ですので、FBやツイッター等のソーシャルメディアは「やっておかないと」という雰囲気がありました。時代の流れとして、メルマガよりもFBで情報発信するのが自然だったんです。

FBページは「スマホガール」の記事の更新をお知らせする形を取り、サイトとお客様をつなぐ場所としてスタートさせました。
 

更新はどのような形で行っていますか?

更新は土日も含めて毎日、配信時間設定を使って手動で行っています。でも実は以前、システムで自動投稿していたこともあったんです。それがある時、自動投稿ツールがシステムダウンしてしまい…。復旧したとたんにそれまで蓄積されていた投稿が一度にドドーっと流れてしまったんです。その時にファン数が一気に減ってしまいました。。数百単位のファンを失ったので、とてもショックでした。

そのこともあって、今のように手動で更新するようになったんです。

毎日こんな形でアプリを紹介しています♪「『スマホガール』というサイト名ということもあり、サイトの9割はスマートフォンユーザーで、アクセス自体も7~8割がスマートフォンからです。25~34歳の女性の割合が1番多いのですが、実はファンの男女比は3:7で、男性も3割強いらっしゃいます。アプリ開発者の方が多く、弊社のサイトから情報収集されているので、光栄ですね」(山田さん)

 

現在、4.7万人というファン数がいますが、どのように集客されたのですか?

実は、FBで最初に行った「にゃん格診断」というアプリキャンペーンが大ヒットし、爆発的に広まったことでファンを集客できたんです。

2012年3月に実施した性格診断アプリで、「あなたの性格を猫に例えて診断します!」という内容だったのですが、これが、サーバが落ちるくらいに流行ったんですよ。嬉しい悲鳴です(笑)

その頃はさまざまな診断アプリが流行った時期でしたが、その中でも群を抜いてヒットし、全国のアプリランキングのデイリー利用数で1位を獲得しました。累計10万ユーザーが診断してくださり、そのうち約4万人が「いいね!」を押してくれたんです。ですから多くのファンを獲得できたのはこの診断アプリのおかげでもあります。

10問の質問に答えると猫に例えた性格が分かるアプリ「にゃん格診断」。「診断をやってくれた人の中から抽選で1名様に、猫が多い島として有名な香川県の直島へご招待するというキャンペーンでした。私がディレクションを担当したので、アプリが流行した時は本当に気持ちよかったです。開発費だけで、あとは全部自分たちで考えて作ったので、低予算で作ることもできました」(山田さん)

 

「にゃん格診断」、すごく可愛いですね!!猫好きにはたまらないです♪キャンペーン実施に当たり、どんな工夫をされたのですか?

とにかく内容を面白くしたことと、「猫」と「性格診断」という女の子が好きな2大要素を取り入れたことが広まった大きな理由だと思います。また、細かい部分にも「仕掛け」を作ったので、それが受けたのだと思います。特に高校生の間で流行って、どんどん友達に連鎖していったんですよ。

特徴としては主に6つあります。

  • 世の中的にもスマホガールの人気アプリでも、犬より猫のキャラクターのアプリのほうがずっと数が多かったんです。ということは、犬より猫のほうが好かれているのだろうという経緯で「猫アプリ」にしました。
  • 猫は実際、種類によって性格が違うと言われているので、それをベースにして診断結果を作成しました。「白猫はかしこい」「三毛猫は正義感がある」「スコティッシュゴールドはやんちゃ」など、実際の猫の性格に近い診断結果にしたことも、面白さを増したと思います。
  • 診断後、「あなたと相性がいいのは○○猫さんです」というように相性も書きました。それが友達同士のやりとりで盛り上がるポイントのひとつになったと思います。
  • キャンペーンのプレゼントは猫が多い島として有名な香川県の直島へご招待。ここでも猫につなげました。
  • 実は、とある条件からしか姿を見せないというレアキャラを仕込んでおいたんです。普通は「シャムネコタイプ」で表示される結果のうち、10人に1人が「萌えキャラ」になるという設定にしました。「特にやさしい、貴重な存在」というキャラ設定です。この結果が出たら、それは賑わいますよね(笑)
  • その他、随所に、その頃流行ったフレーズを使用しました。たとえば「家政婦のミタ」が流行っていた頃でしたので、診断結果の猫に「承知しました」と言わせたり(笑)

とにかくこのアプリはユーザーの方々にも楽しんでいただけましたし、私たちも楽しめたと思います。

【左】「シャムネコタイプ」で表示される結果のうち、10人に1人に出てくる「萌えキャラ」♪実はこのイラストを書いているのは本業のイラストレーターさんではなく、ミュージシャンとのこと!ビックリ!【右】当時の人気ドラマの名台詞を盛り込むなど、細部にまでこだわった演出♪

女子の間ではシンプルで可愛いツールが人気。
「これからも有益で面白い、話題性のある企画を考えていきます♪」

 

細部にまで楽しい仕掛けがあって、これは面白いキャンペーンでしたね!このあとも、定期的にキャンペーンをやっていらっしゃいますね。

はい、キャンペーンはこの後3回実施していて毎回楽しい仕掛けを盛り込んでいます。

★【女子アプリ大賞2012】
2012年に流行ったアプリに人気投票をしてもらって、「アプリ大賞」を決めるキャンペーンを行いました。便利で可愛いアプリが上位にランクインされ、このキャンペーンでアプリの存在を知った方もダウンロードしてくれたので、コンテンツプロバイダさんにとっても、ユーザさんにとっても、弊社にとっても三角で嬉しいキャンペーンだったと思います。

※「女子アプリ大賞2012」結果発表はコチラから♪

★【気持ちを伝えるカードコンテスト】
カード作成アプリ「Happy Birthday♪カードをつくろう」を使って、普段言葉ではなかなか言えない気持ちをみなさまにカードにしてもらい、作ったカードを投稿していただきました。その後、投稿作品に投票していただくという二段構成のキャンペーンにしたんです。

※カード作成アプリ「Happy Birthday♪カードをつくろう」はコチラから♪

★【クイズに答えると美容グッズが当たる!スマホガールキャンペーン】
スマホガールに関するクイズに答えるだけで、美容グッズやQUOカードが当たるキャンペーンです。出題されるクイズには、参考になるヒントをつけたので簡単に答えられるのですが、スマホガールをより深く知っていただくのによいキャンペーンだったと思います。

 

ちなみに、最近の女の子の間ではどんなアプリが人気ですか?

シンプルで可愛いツールが人気ですね。ワンタッチでキャッシュをクリアできるアプリや、バッテリーを長持ちさせるアプリ、スマホの味気ないアイコンを変えられるアプリ、LINEなどのスタンプを作れるアプリなどが人気です。

仕事柄、私も自分でいろいろなアプリを試してみるのですが、どれも本当に可愛いくて便利ですよ。スマホライフが楽しくなると思いますので、よろしければみなさまにもぜひ試していただきたいです!

 

今後はどのような展開を考えていらっしゃいますか?

面白い仕掛けはこれからも定期的にやっていきたいですね。特に「低予算」で「工夫だけでできる遊び」をやっていきたいです(笑)クチコミしたくなるような、有益で面白い、みなさまに喜んでいただけるようなものを作って行きたいと思っています。

今もいろいろ企画中ですので、お楽しみにしていてくださいね!

<アイディア> × <低予算>で多くのファンを獲得された手腕、脱帽です!ありがとうございました!

渋谷ヒカリエにあるオフィスはとってもステキ☆medibaさんオリジナルパッケージのお水も置いてあります♪

 

※「ステキ」つながりで…「スマホステキ女子部」もやってます!
スマートフォンを利用してもっとステキになりたい、自分を向上させたいと思っている女性を応援するコミュニティ、
ぜひチェックしてみてくださいね♪スマホステキ女子部はこちらから!

取材を終えて

「低予算で流行るキャンペーンを!」…もちろんそんなキャンペーンをやりたいのは山々、言われてできれば苦労はしません(笑)でもmedibaさんのステキすぎるキャンペーン「にゃん格診断」を参考にして、次のキャンペーンを考えてみるのもひとつの手ですよね♪

「流行に乗る(熱いうちに)」「ターゲットの趣味趣向を考える」「いろいろつなげる」「仕掛けを作る」「データに基づくものを作る」あとは…経験からの「勘」!
キャンペーンだけでなく、普段のもの作り、仕事にも通じると感じました。

頭から湯気が出るほど考えたけどいいアイディアが思いつかない!という担当者様も多いと思いますが(私もよくあります)、ちょっと休んでお茶でも飲みつつ雑談したあと、上記のポイントに立ち返って考えると「パッ!」と閃くことがあるかも♪あれやこれやぜひ一緒に頑張りましょう!

Facebook ケーススタディでは、「FBキャンペーンやりたいんだけど何かない?」などのお問い合わせをお待ちしています。ぜひお気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

ヒラモトキエ|株式会社ドゥ・ハウス プロモーション部

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。