聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

今朝の朝ご飯はパン?それともご飯??|「自宅で食べる朝食」に関する調査結果

朝食に関する調査

Original Update by jdtornow

■既婚女性の半数以上が「パン食」。「ご飯食」は約3割にとどまる

ドゥ・ハウスでは、自社のネットリサーチサービス『myアンケートlight』にて2013年4月に「自宅で食べる朝食」に関するアンケートを実施いたしました。今回はその結果をご紹介します。

「自宅で食べる朝食」として主に食べているものを選んでもらったところ、全体では「パン食」が53.7%と半数以上を占めて1位となりました。「ご飯食」は2位で31.0%、次いで3位に「朝食そのものを食べない」3.8%、4位が「飲み物だけ」3.7%という結果になっています。

今回調査した7都道府県(北海道・宮城・東京・愛知・大阪・広島・福岡)別に見ると、「パン食」と答えた方が最も多いのは大阪で65.5%、2位の広島が60.0%、3位には東京と愛知が同率で54.6%でした。 

一方、北海道と宮城では「パン食」を抑えて「ご飯食」が1位となり、特に宮城では54.1%と、“米どころ”を伺わせる高い支持を得ました。

朝食で食べているもの

※クリックで大きなグラフが見れます

■「パン食」と「ご飯食」、差が大きいのは大阪と広島。北海道はほぼ二分の結果に

「パン食」と「ご飯食」の回答率の差に注目したところ、他のエリアと比べて差が大きかったのは大阪と広島でした。大阪では1位の「パン食」が65.5%に対し、2位の「ご飯食」は18.2%と、5割近い差がついています。

広島は同じく「パン食」が1位で60.0%だったのに対し、2位の「ご飯食」は30.0%とダブルスコアの結果となりました。

一方、北海道では「ご飯食」が43.9%で1位でしたが、2位の「パン食」も40.1%と両者の差が他のエリアと比べて最も少なく、ほぼ二分していると言えます。

■朝食時の飲み物、約半数が「コーヒー」

続いて「朝食時の飲み物」について聞いたところ、7つのエリアすべてで「コーヒー」が1位になりました。「コーヒー」は全体で45.9%と半数には届かないものの、2位「お茶(自分で煮出したもの)」の17.2%に3割近い差をつけています。

また、「牛乳」は大阪で2位になっているのに対し、乳牛の飼育で有名な北海道では4位で、回答率1割に満たなかったことも注視しておきたいポイントと言えそうです。

エリア別でみると、「ご飯食」の回答が唯一半数を超えていた宮城では、ご飯食に合わせてか、「お茶(自分で煮出したもの)」や「スープ、味噌汁などの汁物で代用している」という回答が他のエリアと比べて高くなっています。

また、「パン食」との回答が半数を超えたエリアが5つあったのに対して、“朝食時の飲み物”としての「コーヒー」は、全エリアで1位を獲得しながらも、大阪の49.1%が最高で、5割以上の回答を得たエリアはひとつもありませんでした。

朝食の飲み物

※クリックで大きなグラフが見れます

■“理想の朝食”に必要なのは、メニュー内容よりも「時間」や「家族が揃うこと」

最後に、“理想の朝食の内容と現実とのギャップ、そのギャップを解決するためのアイデア”を自由に回答していただきました。その結果、電子レンジの活用やワンプレート形態の商品を使うことによる“時短”や、ゆっくり食べるための“時間”を求める回答が目立ちました。

全体的には、「本当はご飯食をしっかり食べたいけど、時間がないので(仕方なく)パン食になっている」という方も多くみられました。中には、朝食を和食にするために「レンジで焦げ目もつけられる魚焼き器(49歳/宮城)」といった要望もありました。

その他の具体的な商品アイデアとしては、

  • 焼くだけでできるフレンチトースト(41歳/大阪)
  • パンに塗れる野菜サラダペースト(42歳/大阪)
  • グリーンスムジーのゼリー系飲料(47歳/福岡)
  • ご飯のようにパワーが出て腹持ちの良いシリアル(40歳/東京)
  • 皮をむいたり、洗ったりせずに食べられる果物(44歳/東京)

などがありました。

食材以外の視点としては、「土日だけでも夫や息子に作ってもらう(57歳/東京)」、「料理が冷めない食器(45歳/愛知)」という回答のほか、“家政婦さん”や“朝食を作ってくれるロボット”など、毎日の朝食作りに励んでいる既婚女性らしい回答が集まっています。

また、“本当は家族揃って食べたいのに、それぞれで朝食を摂る時間が異なる”ことも理想とのギャップとしてあがりました。“理想の朝食”に必要なのは、メニュー内容よりも「時間」や「家族が揃うこと」と言えそうです。

<調査概要>
自宅で食べる朝食に関するアンケート
調査期間: 2013年4月12日~2013年4月16日
調査手法: 自社のネットリサーチサービス『myアンケートlight』にて
全国の20代~60代の既婚女性を対象にWEBアンケートを実施。2,137名から回答を得た。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

聞く技術研究所|株式会社ドゥ・ハウス

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。