聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

今更ひとに聞けない!? アクセスログの読み取り方

Original Update by Julian Stallabrass

WEBプロモーションを行うメリットのひとつは効果測定がしやすい点です。アクセスログを活用すれば、施策が成功か失敗か即座に把握することができるため、次のアクションを考える際にとても便利なのですが、実際にはページビューや訪問数の確認程度にしか使っていない、というケースも少なからずあるようです。

■PVの確認だけではもったいない!アクセスログからわかること

アクセスログを読み取れるのは、生活者がWEBサイト上でおこなった行動です。
分析を進めると、例えば以下のようなことが見えてきます。

  •  生活者の関心事は何か
  •  生活者との関係性は築けているか
  •  ウェブ広告の効果はあったのか
  •  商品理解や販売に繋がっているか

◎生活者の関心事は何か

「検索キーワード」や「閲覧コンテンツ」のランキングから読み取ることができます。
検索キーワードランキングの上位をみると「企業名」や「商品名」などの単語が多いため、ここから関心事を読み取ることは困難です。しかしランキング順位が下がるにつれ「商品名+○○」というような複合ワードが見られるようになり、「商品名+使い方」「商品名+レシピ」というような関心事を見ることができます。ランキング下位にこそ有効な情報が埋もれているということを覚えておいてください。

同様に閲覧コンテンツのランキングにも見るべきポイントがあります。単純にPV順の集計をしてしまうと、たまたま目立つ位置にあるコンテンツがクリックされて上位に来ている場合も考えられるため、PV順=生活者の関心度が高い順と考えるのは危険です。PVランキングに閲覧時間をかけ合わせてみることで本当に読まれているかどうかを判別することが可能です。滞在時間がページ内容に比べて大きく下回る場合は、どんなにPVが高くても改善対象としなければなりません。

◎生活者との関係性は築けているか

サイトに訪れる回数や頻度から読み取ることができます。更新性が高く鮮度の高い情報を発信しているWEBサイトは生活者のリピートにつながりやすく、かつ検索エンジンの評価も上がりやすいといわれています。

◎ウェブ広告の効果はあったのか

今まで見えなかった効果を知ることができます。
ウェブ広告の評価に使われる一般的な指標はインプレッション(表示回数)、クリック数、コンバージョンですが、これらの指標以外にも「間接効果」といわれるものがあります。以下のようなケースの場合、実際のコンバージョンにカウントされるのは直前の広告(C)のみであり、1回目と2回目に経由した広告(A),(B)はクリック数のみカウントされることになります。

1回目:バナー広告(A)経由でWEBサイトへ訪問
2回目:リターゲティング広告(B)経由でWEBサイトへ訪問
3回目:リスティング広告(C)経由でWEBサイトへ訪問→商品購入(コンバージョン)

広告(A),(B)の認知効果がなければ生まれなかったコンバージョンだと考えると、「間接効果」も含めて測定しなければ正当な評価を得ることができません。効果測定に用いる解析ツールの機能にもよりますが「間接効果」は重要な指標です。

◎商品理解や販売に繋がっているか

(4)の場合、購入者の行動を横串で見なければなりません。
購入者が経由する広告、入口ページ、閲覧ページなどの導線は成功ルートと呼ぶことができるため、購入者の導線上にある情報群を分析し、数%づつでもそのルートへ誘導していく必要があります。まずは購入者と非購入者のルートを比較し、その違いに気づくことが重要です。

アクセスログには生活者の行動の結果が数値で記録されているだけですが、視点を変えれば、様々な気づきを得ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

聞く技術研究所|株式会社ドゥ・ハウス

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。