聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

リーチ数を増加させるための第一歩。エッジランクをあげる工夫で少しでも多くのファンに投稿を見てもらう。

Original Update by Jennifer Donley

Facebook広告やキャンペーンについて他記事で書かせていただきましたが、増加した多くのファンにしっかりと投稿をリーチさせるためには、エッジランクを高める必要があります

あらためて、エッジランクとは?

簡単に言えば、投稿したコンテンツをファンのタイムライン上に表示する、しないを決定するためのアルゴリズムですが、投稿を受け取る側との親密度や過去に投稿したコンテンツに対する反応(いいね!やコメント)、などのデータをFacebook側が算出し、その投稿を表示させるユーザーを選別しています。

現在、Facebookページでファンに投稿をしても、全員に投稿が見られているわけではありません。むしろタイムリーに情報を見てくれているユーザーは平均10~30%とも言われています。この投稿を見てくれるユーザーの数に大きく影響するのがエッジランク。少しでもエッジランクを高めることでまずは多くのファンに投稿を見てもらいましょう。

エッジランクについては色々なサイトで説明されているので詳細は省きますが、Affinity(親密度)、Weight(重み)、Time(経過時間)の3つのポイントにネガティブフィードバック(スパム報告など)が加味されて計算されています。



細かい部分ですが、エッジランクを高める/低下させないためのポイントとしてあげられているものから、すぐに行動に移せそうなものを紹介します。

・長い文章の投稿は避ける

ファンのニュースフィードに流れてくるうちの1つとして表示されるので、パッと見ただけで伝えたいことが伝わるようなコンテンツの方がファンの目に留まります。本当に伝えたいコンテンツのみ長い文章にし、普段の他の投稿は極力簡潔にまとめるのがポイントです。

下のように、Facebookからお知らせが届いたという報告も良く目にしました。


・投稿回数をむやみに多くしない

1日に何回も投稿をし、その投稿の反応が悪いとエッジランク(親密度・重み)が下がり、他投稿のリーチ数にも影響を与えてしまいます。「数撃ちゃ当たる」戦法ではなく、本当に伝えたいことで勝負したいです。

・一度投稿したものを削除しない

ページ運営ご担当者であれば、投稿した直後に、間違いを見つけてあわてて消した・・なんてこと一度はあるのではないでしょうか。投稿したコンテンツを削除することも、エッジランクの低下につながります。ちょっとした誤字などであればうまくコミュニケーションで交わすことが出来るのもソーシャルメディアの良いゆるさです。致命的なものでなければそのままもしくは内容の編集で乗り切りましょう!

・シェアされる投稿を意識&しっかりとコメント対応

投稿に対するアクションで最もエッジランクに良い影響を与えるのが投稿がシェアされること、次にコメントがつくことです。投稿前に、シェアしたい気持ちになる投稿になっているか?という視点で見直しをしてみてはいかがでしょうか。たまには「シェアしてくださいね!」とはっきり言ってしまうのも手です。

コメント対応でしっかりとコミュニケーションをとることも重要です。コメント対応のポイントは以前紹介しましたので、よければご覧ください。

Facebookページ運用の醍醐味!?コメント対応によってファンとのつながりをより深くする方法を考える

・投稿の宣伝

最後はお金ですが、、効果ははっきり出ます。本当に伝えたい、多くの人に見てもらいたいコンテンツについては、利用する価値はあります。まだ利用したことが無い方は、小額から利用できるので、ぜひ一度試してみてください。

基本的で聞いたことがあることばかりかもしれませんが、長いこと運営をしていると意外と基本的な部分への意識が薄れていってしまうものです。正解はありませんが、ページにいいね!をしてファンになってくれたより多くの人たちに投稿を見てもらうためにも、色々と試しながら自分が運営しているページにとって一番良い運用方法を見つけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

岩田 智也|株式会社ドゥ・ハウス プロモーション事業部 マネジャ

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。