聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

メーカー発信のPOPから消費者発信のPOPに

GS004_350Aのコピー
POPは、生活者が店頭で商品決定をする上で、重要な役目を担っています。限られたスペースでいかに商品特長を「しっかり伝えること」ができるかが大きな鍵となります。

よりPOPでの効果を高めるためには、一方的にメーカー側が考えるメリットを押し付けるのではなく、ターゲットとなる生活者のオケージョン、ウォンツを把握した上で生活者に共感される内容であることを考慮しなければなりません。

時には、マーケターが自ら生活者の中に飛び込み、生活者目線で情報を発信していくことが必要です。

例えばCD、DVD販売屋や本屋では、店員が自らリスナー、読者となってPOPを作成したりしています。自分の体験を踏まえて、POPを作成することで消費者の共感を呼び、購買へとつなげていきます。

この一連の動作は、SIPSにて整理できます。

SIPS
SnapCrab_NoName_2012-12-19_20-58-4_No-00

消費者発信のPOPに

より消費者目線で商品の特長を伝えるために、消費者の言葉(感想)を使い、POPを作成する企業が近年増えてきました。しかし、CGMやSNS、感想投稿サイトの普及で消費者自らが商品の情報を発信することも多くなりましたが、これらを店頭プロモーションで活かすのはまだまだ少ないのが現状です。

テンタメで参加したアンケート結果をPOPに

ドゥ・ハウスでは、店頭で商品を購入し、試した感想を答える店頭購入型サンプリングサービスを展開しています。アンケート結果は店頭POPなどに2次利用無料となっています。テンタメをご利用いただいているメーカー様からは、アンケートで得た商品を試用したリアルな感想を店頭POPやWEBで使用したいとの声を多く頂いています。テンタメでは使用した人たちの多くの感想が集まるので、それらデータにまみれて、消費者の声を使ってリアルで生々しい感想をPOPに活かしてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

石尾 俊輔|株式会社ドゥ・ハウス 店頭プロモーション事業部 マネジャ

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。