聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

ファンに「聞く」ことでFacebookページ運営の新たな価値を生み出す。Facebookユーザーへのリサーチの可能性

ファンに「聞く」ことでFacebookページ運営の新たな価値を生み出す

Original Update by Jerry Wong

これまで広告やキャンペーンなどで集客をし、日々の投稿で関係を築いてきたファンたちと関係を深めていった後、Facebookページとして、企業としてそこに新たな価値を生み出していくことが新たな課題になってきます。

MROCなど、ソーシャルリサーチという言葉をよく耳にするようになってきましたが、今回は直接「聞く」ことでさらにファンとの関係性を深め、Facebookページとしての新たな価値を生み出すリサーチの紹介です。

ネットリサーチ、グループインタビュー、ホームユーステスト、MROC・・・etc、普段実施されているリサーチ施策のモニターを貴社Facebookページのファンを対象に実施することで、貴社の「ファン」という大きな資産は、商品開発・マーケティング面での新たな価値あるパートナーになります。

Facebookページのファンを対象にリサーチを行うメリットとして、下記が挙げられます。

・貴社(ブランド)のファンという絞り込みが出来ている状態からスタート
・サンプル(モニター)の顔や生活背景が見える
・ファンとのエンゲージメント向上

従来のアンケートパネルからのスクリーニングとは違った対象者の声を聞くことができます。

実施はFacebookページに告知用ページ(カスタムページ)を用意し、ファンにアナウンスを行い、対象者選定、リサーチ実施という流れです。

実施の流れ

顔が見えている既存ファンからさらに関係の濃いファンのみに対象者の絞り込みを行うことで、より深い調査が可能になります。また、“一緒にものづくりをしている”という印象をもってもらうことでロイヤリティの向上にもつながります。

自分はそのブランド・企業のファンだという意思表示をしてくれているユーザーたちにこそ聞けること、聞きたいことを直接投げかけてみることで、Facebookページ運営における新しい価値をつくっていってはいかがでしょうか。

ドゥ・ハウスでは、Facebookページ運営の実績、1500本/年のリサーチの実績を元に、Facebookページへのカスタムページ設置、調査設計からお手伝いさせていただきます。ご興味やご不明な点がありましたら、お気軽にご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

岩田 智也|株式会社ドゥ・ハウス プロモーション事業部 マネジャ

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。