聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

ソーシャル時代の聞くコミュニケーションはListen+Like+Shareで組み立てる

ソーシャル時代の聞くコミュニケーションはListen+Likeで組み立てる

Original Update by CarbonNYC

聞く技術研究所では「聞く」という表現をしていますが、「聞く」ことを対人的なコミュニケーションに絞って整理すると、3つの段階があります。「聞く」と「訊く」「聴く」です。英語と一緒に見てみると、もう少しわかりやすく整理できます。

  • 聞く-Hear
  • 訊く-Ask
  • 聴く-Listen

です。「聞く」は、ぼんやりしていても耳に入ってくる、車のエンジン音子どもの笑い声などです。聞こえてくるという受動的な聞き方です。「訊く」は尋ねることで、聞きたいことを質問する能動的な聞き方です。そして「聴く」は、注意を傾けて聞くというさらに能動的な聞き方を指しています。

傾聴戦略では「聴く」が使われていますが、「聞く」よりも「訊く」。「訊く」よりも「聴く」の方が、より高度な聞く技術が必要です。直接尋ねることなく、相手や対象を観察し理解するのが「聴く」というアクションです。それは耳だけではなく、五感を働かせて身体全体で行います。

生活者に理想の企業像を問うとお客様の声を聞いてくれると企業いう回答が集まることが良くあります。この場合の聞くは「聞く」でも「訊く」でもなく、「聴く-Listen」です。生活者は問合せ窓口に寄せられた声を「聞く」ことや、アンケートで「訊く」ことではなく、彼らが日常生活の中で感じたり、言葉にしたことを「聴き」それが、商品やサービスに反映されることを望んでいるはずです。

ソーシャルな時代の一番の恩恵は、こうした生活者の日常生活における行動や感情を企業が身体を使って見つけ、感じることができることです。ブログやTwitterやFacebookで、常日頃から注意深く生活者の声を「聴く-Listen」ことがとても大切です。

ただし「聴く-Listen」というアクションだけでは、企業と生活者のコミュニケーションは成立しません。直接尋ねないから、相手に気づいてもらえません。そこで、もう一歩歩みより「Like」という意思表示をします。ここでの「Like」は「いいね!」も含みますが、感謝したり、褒めたり、共感したり、など意思表示を相手にわかるようにと示すことです。

さらに、この貴重な生活者の声をより多くの生活者に「Share」します。このアクションはとても大切で、見る側にとっては自分と同じ立場の生活者の商品やサービスの評価を疑似体験することができ、また声を紹介された生活者は他の生活者から自分の発信に賛同する声を聞くことができます。こうした体験がさらなるコミュニケーションを生むきっかけになります。

例えば当社が運営を支援するFacebookページでは、以下のようなListen+Like+Shareのアクションを行っています。

  1. テーマ商品やサービスをキーワードにCGMを検索する
  2. CGMで語られるテーマ商品に係る生活者の行動や意見を見る・感じる
  3. コメントやRetweetで感謝の意思を伝え
  4. ソーシャルメディアでシェアする許可をとる
  5. FacebookやTwitterで広くシェアする

こうしてListen+Like+Shareした、生活者の声は他の生活者にも伝わり、たくさんのLikeを集めることになります。またこのアクションを通じて、起点となる情報を創ってくれた生活者からも感謝されるような、そんな好循環が生まれています。

ソーシャル時代に、商品やサービスのお客様と誠実なコミュニケーションを交わしたいと望むなら「Listen+Like+Share」を起点とした、聞くコミュニケーションからはじめることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

舟久保 竜|株式会社ドゥ・ハウス 営業技術グループグループマネジャ

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。