聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

スマートフォンアプリのDL促進としてまず行うべき対応|アプリストア最適化の具体例



皆さんはアプリをダウンロードする際に、どのようにアプリを探しますか?

  • アプリ名で直接検索
  • ランキングや新着から探す
  • キーワードで検索

などが検索方法としては有力ですが、中でも影響が強いのが「キーワード」での検索です。さて例えば「不動産」関係のアプリを探しているスマートフォンユーザに自社のアプリをどうしても落としてほしい場合に、どのような対策を行うことが出来るでしょうか。

広告の活用以外で無料行える対策があります。

ASO(アプリストア最適化)と呼ばれているものです。これはWebサイトのSEOのようなもので、単純に登録する際の内容を精査し、アプリがあふれているマーケット内での検索結果を有利に進めようとするものです。

さて、登録する際にはおおまかにどのような情報が必要になるのでしょうか。

◎アプリタイトル

◎説明文

他にも「キーワード」等を設定することができますが、これはユーザー画面(DL画面)からは確認することができません。

ではそれぞれの設定項目での検索結果への影響度合はどの程度なのでしょうか。

■アプリタイトル=影響度大

当然アプリのタイトルは大変重要です。ただしアプリ名(ホーム画面下に記載されるアプリ名)だけでは、検索対策としては弱いので、サブタイトルのようなものを設定し、希望のワードを埋め込みましょう。

■キーワード=影響度中

キーワードは実際に検索されたいワードを登録する箇所です。カンマなどを含めて文字数制限がありますので、慎重に選ぶ必要があります。

■説明文=影響度小

影響度としては小さいですが、文字数制限などがないため多彩なワードを盛り込むことが可能です。ここに関連ワードを多く盛り込んだり、メインとなるワードを複数回入れることが重要になってきます。

さて、実際に上記のような対策を行うとどの程度変わるのでしょうか。検索結果のグラフは掲載できませんが、対策前と対策後のDL数の比較グラフを以下に掲載します。

 



これらの対策を行うことで弊社のあるアプリのDL数は対応前と対応後でデイリーのDL数が3倍以上になっています。
※グラフの青が対策前、赤が対策後になります。

これは効果的にターゲットとするユーザが検索するであろうワードをうまく取り込めた例でしょう。

アプリをリリースする際には【どのような人に】【どのようなワード】でアプリを検索してもらいたいかを選定することが重要になります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

聞く技術研究所|株式会社ドゥ・ハウス

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。