聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

ガーデニング実態把握調査~どこで何を育てているのか?そして、そもそもなぜ育てるのか?

ガーデニングに関する調査を行いました。みなさんがガーデニングをどのように楽しんでいるのか、定量&定性、それから写真を集めて検証しました。

■調査目的

  • 誰が、どこで、どのようにガーデニングを実施しているのかという基本的な実態を把握することで、ガーデニングに関する調査の基礎資料とする

■調査フロー

  1. 定量調査を実施
  2. 定量調査回答者の内、「庭」もしくは「ベランダ」にてガーデニングを実施している人を対象に、画像収集調査を実施

■ガーデニングの実施有無

ガーデニング実施率は33.1%。過去実施していた人を含む実施経験率は52.3%

ガーデニング実態調査_実施経験率

※クリックすると大きなグラフが見られます

■ガーデニング実施場所

ガーデニング実施場所をみると、最も割合が高いのは「庭」の65.4%。次いで、「ベランダ」38.0%が続く

ガーデニング実態調査_実施場所

※クリックすると大きなグラフが見られます

■ガーデニング被害率と被害対策率

  • 害虫被害率は28.3%。病気被害率は20.7%。小動物被害率は15.1%。害虫被害が最も大きい
  • 害虫被害対策率は77.1%。病気被害対策率は64.6%。小動物被害対策率は30.7%。害虫被害対策率が最も大きい

ガーデニング実態調査_被害率と被害対策率

※クリックすると大きなグラフが見られます

■ガーデニングの実施実態(写真収集の個票サンプル)

料理に使える植物を育てようとガーデニングを始める。寒さに弱くて管理が難しいが、育った時の嬉しさは格別で気持ちが穏やかになる

ガーデニング実態調査_個票A

※クリックすると大きな画像が見られます

 

ベランダを明るく見せようと思って始めたガーデニング。ベランダなので、家の中からいつでも花を眺めることができる点が魅力

ガーデニング実態調査_個票B

※クリックすると大きな画像が見られます

 

庭があるのに使わないともったいないから始めたが、玄関の見た目もきれいになり楽しみになっている。害虫対策には市販の対策剤を使ってはいるが、虫の駆除が大変

ガーデニング実態調査_個票C

※クリックすると大きな画像が見られます

 

詳細レポートでは「ガーデニングの魅力」についてのまとめや、すべての個票を掲載しています。ご覧ください。


 

■ダウンロード

※調査結果の詳細は、下記URLよりPDF形式のレポートをダウンロードしてご覧ください。また、当社無料集計ソフト「my集計アプリ」に対応したローデータもダウンロードできます。

 

■関連サービス

myアンケート

30年のリサーチ経験から蓄積したノウハウを活かし、調査設計から実査までしっかりサポートします

カタログのダウンロードができます
お問い合わせはこちらです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

聞く技術研究所|株式会社ドゥ・ハウス

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。