聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/

お店の近くに住んでいる生活者を巻き込む「バイストアプロモーション」とは?

Original Update by Lars Plougmann

「バイストアプロモーション」という言葉を聞いてどんなプロモーション手法をイメージされますか。実はこの言葉、ドゥ・ハウスが独自で使っているものです。

「インストアプロモーション」が「お店の中のプロモーション」に対し、「バイストアプロモーション」はお店の近くに住んでいる生活者を巻き込んだ「お店まわりのプロモーション」となります。



店頭プロモーション手法は、現在多様化しており、店内のPOPだけでなく、O2O(オンライン to オフライン)いわゆるWEBやメール告知、Wi-Fi、3Gを利用したプッシュ型クーポンなどを使った店頭への誘客施策なども増え、生活者にリーチする領域が広がってきています。

バイストアプロモーション

ネットワークした生活者に対し、店頭へ行きたくなるお得情報やお楽しみコンテンツを提供し、店頭へ誘客させます。店頭で消費者を商品前に誘導するインストアプロモーションと違い、お店の外から商品の棚に誘導することができるので、より広範囲で商品訴求することができます。少々イメージしづらいと思いますので、今回はドゥ・ハウスのサービスを使って紹介していきたいと思います。

テンタメ


■PC版、携帯版の「テンタメ」サイトに登録したユーザーが、指定の商品を、自らお店に行って、購入、試して、アンケートに答えます。商品のトライアー獲得とPOSの向上が一度に実現できるサービスです。

登録しているユーザーは、お店に行く前に自宅のPCや手持ちの携帯電話を通じて、商品を知ることができ、また商品代金の半額負担のみで試すことができるため、商品を探しに店頭へ向かわせることができます。会員がWEBで知った商品を店頭に買いに行かせるテンタメはまさにO2O(オンライン to オフライン)を代表とするプロモーションの1つと言えるのではないでしょうか。



モノ・コード


■商品についているバーコードをスキャンすることで、クチコミの投稿、閲覧、商品情報やお得なキャンペーンの確認が出来るアプリです。消費者は、店頭や食卓等、様々な場面で、パッケージにあるバーコードを通じてクチコミの投稿/閲覧や付加情報の閲覧が可能になります。

「モノ・コード」には、GPS連動型のPUSH通知を活用し、「オススメ商品」をモノ・コードユーザーに告知する機能があります。お店の近くにいるユーザーを店舗へ誘客ができることは、店頭を飛び越えた新たなプロモーション施策と言えます。



お店の中のプロモーションに限らず、お店に誘客させるための「バイストアプロモーション」の需要は今後増えていくでしょう。

 

■関連サービス

店頭プロモーション

「聞く技術」を活用し、店頭での相互コミュニケーションを支援します

カタログのダウンロードができます
お問い合わせはこちらです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

石尾 俊輔|株式会社ドゥ・ハウス 店頭プロモーション事業部 マネジャ

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。