聞く技術研究所は新サイトに移行しました。新しいサイトをぜひご覧ください。
新サイトTOPページ⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/
新サイト当ページ記事⇒ http://www.dohouse.co.jp/kikulab/?p=8235

「集客」のための「送客」「誘客」で店舗を活性化する!


店頭での売上を上げるためには、店舗にたくさんの人をお店に集めなければなりません。
いわゆる「集客力」が重要なキーとなります。もちろん「集客」が目的になり、店内整備や商品補充などがおろそかになっては元も子もありませんが、適材適所で「集客」できるプロモーションを打っていかなければ店舗を維持していくのは難しいでしょう。

「集客」には様々な方法があります。通常では、商圏内にビラやチラシをまいたり、広告を打つなどして店舗を認知してもらうことが重要です。お店の前を通る生活者に入りやすい、入りたいと思わせることも重要です。ここでは、それらプロモーションを「誘客(pull)」と呼びます。

現在では、GMSやスーパー、ドラッグストアなど今や飽和状態に近いほど店舗はたくさんあります。この「誘客(pull)」だけでは、限界があるのも事実です。そこで、注目されるのが「送客(push)」です。O2Oビジネスは、「売上」から「集客」で「誘客(pull)」とはまた異なる新たな顧客を作る「送客(push)※」を行います。

※「送客」は解釈が様々ありますが、ここでは顧客になる前の生活を店舗に誘導することと定義しています。

店舗側は、生活者にどのように自社の店舗の顧客になってもらうのかを「誘客(pull)」だけでなく、「送客(push)」する「集客」を考えることで、新たな市場を切り開くける可能性が出てくると言えます。もちろん「誘客(pull)」「送客(push)」どちらも大切です。

「誘客」は、生活商圏内の生活者にリピートしてもらう施策として続けていき、新たな顧客獲得のために「送客」を行っておくことで、「顧客」を枯渇させずに「集客」をすることが可能となるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

About The Author

石尾 俊輔|株式会社ドゥ・ハウス 店頭プロモーション事業部 マネジャ

聞く技術研究所の記事や調査結果の引用について

聞く技術研究所の記事や調査結果は、引用の際に株式会社ドゥ・ハウスのクレジットと、記事の公開年月(調査結果の場合は、調査実施年月)を表示していただければ自由にお使いいただけます。ご不明な点はお問合せください。

聞く技術研究所の調査結果について

本サイトに掲載している調査結果は、当社が自主的に企画、実施したものです。調査、分析結果については、データに基づき、第三者としての中立的観点から細心の注意を払って記載しております。また、商品名や、調査を通じてあがった生活者の声についても、各種調査手法を通じて得られるリアリティをお伝えするために記載することがございます。ご不明な点はお問合せください。

コメントをお待ちしています

  • 最近のツィート

  • 最近のアクティビティ

  • (c)DO HOUSE Inc. All rights reserved.
    Pマーク
    株式会社ドゥ・ハウス( http://www.dohouse.co.jp/ )はプライバシーマークを取得しています。
    当社の「個人情報保護方針」は( http://www.dohouse.co.jp/info/privacypolicy/ )をご覧ください。